フレンチ・ブルドッグの性格説明と写真

フレンチ・ブルドッグは穏やかな都会派

フレンチ・ブルドッグは、小型ブルドッグにテリヤとパグを交配したフランスの犬種。
鼻先が詰まっているので、体温調節が苦手。とにかく暑さに弱いワンちゃんで、胎児の頭が大きく、メスは帝王切開でないと出産する事が出来なません。

 

フレンチ・ブルドッグの性格は、のんびりと穏やかなですが、好奇心があり、お茶目な面もあります。しかし、子犬の頃に飼い主とのコミュニケーションが不足していたり、甘やかされて育てられていると攻撃的な性格が顔を出します。
フレンチ・ブルドッグの子犬の写真

 

フレンチ・ブルドッグは、元を辿れば雄牛と戦う闘犬です。
愛嬌のある姿はしていても力は強く、暴れん坊になると手が付けられません。気を付けなければ、のど笛に噛みついてくる事もある犬種なのです。

 

子犬の頃から、正しい愛情を注ぎ、飼い主がコントロールできるようにしつけ育てる事が、ワンちゃんの幸せでもあるのです。

 

暑さに大変弱い犬なので、猛暑の散歩など厳禁。体内に熱がこもり、熱中症になり命を落とす事もありえます。真夏には冷房も欠かせない犬なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ