ジャック・ラッセル・テリアの性格説明と子犬の写真

ジャック・ラッセル・テリアは小さなタフ犬

ジャック・ラッセル・テリアは、とにかく活発で元気いっぱいのワンちゃんです、小型犬ですが、どこにそれだけのスタミナが隠されていたのかと呆れるほど。
飼い主には、一緒に屋外でドッグ・スポーツができるような人が向いてます。

 

パーソン・ジャック・ラッセル牧師が、飼っていたメスのフォックス・テリアをよりキツネ狩りに適した品種に改良しようとしたことが、この犬種のルーツです。
完成した当時のジャック・ラッセル・テリアは、現在よりも少し小さな体型で、さまざまなテリアやグレーハウンドなどの血統を掛け合わせ作られました。
ゴールデンリトリバーの子犬の写真

 

狩りのエキスパートを目指して作られた犬種だけに、小さな体で巣穴に潜り、獲物を見つけると勇敢に追い立て、馬よりも速く走ったそうです。だから、すごくエネルギッシュで、片時もじっとしていない犬なのです。

 

ジャック・ラッセル・テリアは、小さな体に計り知れないパワーを秘めているだけでなく、性格もたくましい犬です。とても賢く、人見知りも殆どしません。
運動することが大好きなので、様々なトレーニングも簡単にこなします。 ただし、少しいたずら好きなわんこなので、静かになったら要注意です。


ホーム RSS購読 サイトマップ